NEWS&BLOG

2019/05/28

あと5分で起きると強く思う気持ちとは裏腹に、平日の朝は体感2分で5分過ぎる説

img_0056.jpg

img_0057.jpg

img_0058.jpg

無事、帰国して昨日より通常業務に戻っております。どうも、No.22です。

連日続きました私のブログ更新の締めに、展示会の感想をまとめておきたいと思います。

金具といえどジャンルは広いですが、全般的に新しい技術革新というものは起きておらず、

マイナーアップデートが中心の展示会であるという印象でした。

何がどう新しくなったのかを1点ずつみていく中で、スリム化という部分は

すべてのジャンルにおいて共通だといえます。

また、金具の取り付けもより容易に作業ができるよう変更もされていました。

そして、全体像を俯瞰すると、金具を使う相手が木製品である比率が徐々に減り、

ガラスや石材などのバリエーションが増えています。

今後、既成概念にとらわれず、柔軟な発想で設計される家具・建具の要望が

どんどん増えてくるでしょう。金具もそれに向けて現在進化をしている真っ最中、

というところでしょうか。

今が停滞なのであれば、あと数年で何か驚くような技術革新がきっとくると感じています。

どちらかというと新しい物好きの私、私個人の目線であったらいいなの例をあげると、

一般的な床置きの収納棚を、棚柱のようなもので壁面に固定、普段は部屋を広く

見せるために低く床置き、ロボット掃除機を稼働するとき30cm上に浮遊しているように

浮かすことができる金具です。もちろん持ち上げるのに全然力は必要なく、

降ろすときもガタっということがなくスマートに動くのが望ましいです。

当然ですが、持ち上げたとき、下げたときに金具は見えません。

浮遊感を強調するLEDを下側に埋め込んでデザインとして使うのもありですね。

その場合は来客時に持ち上げて雰囲気を出し、普段は耐震のために床置き、

といった私とは逆の使い方になりますかね。

要は壁付けの縦方向のスライドレールです。残念ながら私の要望を満たす金具は、

今回の展示会にはありませんでした。が、こういった「有りそうで無かった」こそが

金具のミソだと思います。展示会は終わってしまいましたが、

今後も新しい金具にアンテナを張り、お客さまには広く情報をご提供していきたいなと思います。

2019/05/26

禁煙って…

デュセルドルフと言わず、ヨーロッパの各地に訪問して思ったのですが、喫煙率が高いんです。

街角のあちこちに灰皿が用意されていて、建物の中では完全に禁煙なのですが、外は喫煙天国♪愛煙家の原田にすると非常に過ごし易い環境です。

今度の東京オリンピックに向けて東京は禁煙の流れになってますが、本当にそれで良いのかと思ってしまうぐらいみんな煙草を吸ってます。

何か、過剰に日本人が反応しているだけで実は外国の人はそんなに気にしていないのでは?と思ってしまいます。

あと、ドイツではゴミの分別がほぼ無いように思われます。回収した後にしてるのかも知れませんが、ゴミ箱に捨てる段階では何でも同じに捨ててます。エコバッグやリサイクル可能素材などイメージ的にはドイツは環境保全活動に先進的なイメージですが、合理的な解決方法を採用してるのかも知れませんね。交差点の各所にゴミ箱と灰皿が用意されているので、街もゴミがなく綺麗ですしね。

余談ですが、日本でのゴミの分別も一生懸命やってますが、最終的に必要が有るのか悩ましい所ですね。高性能な焼却炉で実は全て燃やしてるだけなんてね…物事の本質は本当に掘り下げないと見えてこないものです。

2019/05/25

旅の記憶は音楽とともにたするとずっと残る説

あっという間にドイツ出張も終盤に。

カタログでスーツケースはパンパン。

隙間にわずかのお土産をねじ込み、

仕上げに大さじ一杯の愛を。

あら不思議、疲労の塊(かたまり)の完成!

女子大生ならデコってインスタ映え、

と楽しむのでしょうが悲しいかな、

気づけば自分の年齢を間違うおっさんです。

どうも、営業No.22です。現実はむごい。

時間の経過もむごいのですが、

差し当たって勘弁してほしいのは、

荷物と帰国しなければならない現実。

疲労の塊(スーツケース)と疲労の塊(私)。

有象無象と化した疲労の塊の群れを、

鉄の塊である飛行機が飛ばす。

(10時間越え)

暗すぎて意識まで飛びそうです。

インスタで加工に加工を重ねても、

どんどん黒くなるディストピア。

映え~!ではなく、萎え~!

ともあれ疲労感は達成感でもあります。

やるべきことはやるだけやった。

このまま帰りの機内では爆睡しそうです。

2019/05/24

本文とは関係なく、むしろオーストリアですが、現在日本ではクリムト展が開催中で評判が高い説

どうも、No.22です。仕事熱心すぎるブログばかり書くと少々堅苦しくなってしまうので、

隙間時間でダッシュで訪ねた観光話。

 

ドイツは文化史をなぞっても文豪や芸術家の多い国です。

(みんな強そうな名前で笑えます)

 

そんな中、私はボンという地にあるベートーベンの生家を訪ねました。

本当はロマン派はそんなにで、フランス近現代最高だぜ派の私ですが

その趣を前にすると感慨深いです。

田園、月光など、日本でも誰もが知っているような曲を作った人物、それはここではじまったのか、と。

さて密かに私の中で盛り上がっていた声に出したいドイツ人物名ランキング

第1位を発表します。

ダララララララ…ダン!

第1位は「ミュンヒハウゼン男爵」に決定!おめでとうございます!

2019/05/23

街並みが美しく

グーテンターク♪こんにちは原田です。

デュセルドルフの旧市街、アルシュタットと呼ばれてますが、綺麗な街並みなんですよね〜。まるでおとぎ話の世界の様な街並みです。

もちろん所々近代化改修はされてるのですが、基本的な部分が昔と変わらないので、趣がそのまま活かされてます。

日本にも古い街並みなどが有りますが、何処か新しく造られた、古い建物の模倣建築だったりと、ハリボテの様な所が多いのが残念な所では有りますね…基本的な建物に対する考え方が違うからしょうがないんでしょうが、今も残る日本の古い家屋などは国が全力を挙げて保全すべきだと思います。新しいビルを建てるよりも、昔の建築を上手に残して活用する。そんな考えが広まるともっと素晴らしい街が沢山出来上がると思うんですけどね。

所でシュタイフと言うかぬいぐるみご存知ですか?日本でも売られてますが、ここドイツ発祥のテディベアなんです。オーガニック素材でハンドメイド作品なので凄く高価な物ですが、日本で買うよりは全然安いんですよ。クマ以外のぬいぐるみもあり、可愛い物が沢山あります。大きな物は目ん玉が飛び出るほど高いのですけどね…

シュタイフは生まれて初めて持つぬいぐるみと言われるほど、好まれている様で愛好家も沢山いらっしゃいますね。私も知り合いのお子様にお1つ小さな物をお土産で購入しました。