NEWS&BLOG

2019/07/18

座布団が飛ぶ!

こんばんは、原田です。

先日は大相撲名古屋場所の観戦に出かけて来ました!今まで、マス席での観戦は有りましたが、溜席は初めての経験です。

招待して下さった恩師には感謝してもしきれませんね(^ ^)

今場所は欠場の力士も多く少し淋しい感じも有りましたが、間近で見る相撲は格別でした!

ただ、溜席は座布団一枚分のスペースしかないので、足が痺れますね…

この日は白鵬が負けてしまい、産まれて初めて見た座布団が宙を舞う姿が見れました!座布団が頭に当たり起こっている御婦人がいたり、周りの人たちは迷惑そうでしたがそれも一興♪なかなか良いアングルそしてタイミングで写真は撮れないもんですね…写真を撮る事に集中すると相撲が見れないし、相撲に集中してると写真が撮れないし…

二兎を追う者は一兎をも得ずです(笑)

2019/05/26

禁煙って…

デュセルドルフと言わず、ヨーロッパの各地に訪問して思ったのですが、喫煙率が高いんです。

街角のあちこちに灰皿が用意されていて、建物の中では完全に禁煙なのですが、外は喫煙天国♪愛煙家の原田にすると非常に過ごし易い環境です。

今度の東京オリンピックに向けて東京は禁煙の流れになってますが、本当にそれで良いのかと思ってしまうぐらいみんな煙草を吸ってます。

何か、過剰に日本人が反応しているだけで実は外国の人はそんなに気にしていないのでは?と思ってしまいます。

あと、ドイツではゴミの分別がほぼ無いように思われます。回収した後にしてるのかも知れませんが、ゴミ箱に捨てる段階では何でも同じに捨ててます。エコバッグやリサイクル可能素材などイメージ的にはドイツは環境保全活動に先進的なイメージですが、合理的な解決方法を採用してるのかも知れませんね。交差点の各所にゴミ箱と灰皿が用意されているので、街もゴミがなく綺麗ですしね。

余談ですが、日本でのゴミの分別も一生懸命やってますが、最終的に必要が有るのか悩ましい所ですね。高性能な焼却炉で実は全て燃やしてるだけなんてね…物事の本質は本当に掘り下げないと見えてこないものです。

2019/05/23

街並みが美しく

グーテンターク♪こんにちは原田です。

デュセルドルフの旧市街、アルシュタットと呼ばれてますが、綺麗な街並みなんですよね〜。まるでおとぎ話の世界の様な街並みです。

もちろん所々近代化改修はされてるのですが、基本的な部分が昔と変わらないので、趣がそのまま活かされてます。

日本にも古い街並みなどが有りますが、何処か新しく造られた、古い建物の模倣建築だったりと、ハリボテの様な所が多いのが残念な所では有りますね…基本的な建物に対する考え方が違うからしょうがないんでしょうが、今も残る日本の古い家屋などは国が全力を挙げて保全すべきだと思います。新しいビルを建てるよりも、昔の建築を上手に残して活用する。そんな考えが広まるともっと素晴らしい街が沢山出来上がると思うんですけどね。

所でシュタイフと言うかぬいぐるみご存知ですか?日本でも売られてますが、ここドイツ発祥のテディベアなんです。オーガニック素材でハンドメイド作品なので凄く高価な物ですが、日本で買うよりは全然安いんですよ。クマ以外のぬいぐるみもあり、可愛い物が沢山あります。大きな物は目ん玉が飛び出るほど高いのですけどね…

シュタイフは生まれて初めて持つぬいぐるみと言われるほど、好まれている様で愛好家も沢山いらっしゃいますね。私も知り合いのお子様にお1つ小さな物をお土産で購入しました。