NEWS&BLOG

2019/08/19

マレーシア🇲🇾

今年のお盆は私はマレーシアのクアラルンプールに居ました。

子供達の外国の幼稚園にサマースクールで連れて来ています。

奥さんと子供達は7月末からお盆までクアラルンプールに滞在でで日本語の通じない幼稚園に登園です。

初登園もとても楽しかったと言ってました!でも、全く言葉が通じないので何を話してるのかは全然分かっていないようでしたが、子供の順応性は無限ですね♪初日で友達が出来たそうです。

サマースクールなどを扱う留学斡旋のエージェントを使わずに、幼稚園に直接連絡したり、現地のマンションを借りたり大変な事も沢山ありましたが、子供達にはきっと良い経験が出来る事間違い無しです!

外国では教育という物が日本とは全然違います。考え方の根本が違うのでしょうね。良い悪いは別として、日本の教育以外も受ければ将来視野の広い大人になってくれる事でしょう。これから先何年、何十年後にはもっとグローバル化が進み国や性別言語などの障壁はもっと低くなる筈です。その時に真価を発揮出来たら、楽しい人生が送れるのではないか?そして、それにくっ付いて我々親もいくばくかは成長出来るのではないかと思ってます。

もちろん、費用なども掛かりますが、日本でも塾や習い事、公立以外の学校などお金は沢山掛かります。お金をどの様に使うか、コレは投資と同じと思います。必要な所に投資出来なければ宝の持ち腐れになってしまいます。私の行動が正解か?と言われれば、答えは分かりません。しかし、何事にもチャレンジしなければ道は開かれません。

皆様も一度は海外に目を向けては如何でしょうか?

話は変わり、この前会社にハイエースが3台揃ったんですよ。

1台は弊社の快速配達号

残り2台は弊社のお客様の物。実は私は過去に中古車ディーラーをしていた経験があり、今でも交流のある新車の営業マンに新車購入の紹介をしてたりします。そんな昔のツテで今回はハイエースを2台御購入された法人様がいらっしゃいまして、その納車待ちが置いて有ります。そんなハイエースにまみれた原田はクアラルンプールで面白いものを発見しました!

それがこちら!

日本で売ってる一番長いハイエースのスーパーロングよりもさらに長いハイパーロングのハイエースモドキ(笑)

スーパーロングよりも更に1mぐらい長いんです!

これ欲しいですね〜^_^

2019/07/18

座布団が飛ぶ!

こんばんは、原田です。

先日は大相撲名古屋場所の観戦に出かけて来ました!今まで、マス席での観戦は有りましたが、溜席は初めての経験です。

招待して下さった恩師には感謝してもしきれませんね(^ ^)

今場所は欠場の力士も多く少し淋しい感じも有りましたが、間近で見る相撲は格別でした!

ただ、溜席は座布団一枚分のスペースしかないので、足が痺れますね…

この日は白鵬が負けてしまい、産まれて初めて見た座布団が宙を舞う姿が見れました!座布団が頭に当たり起こっている御婦人がいたり、周りの人たちは迷惑そうでしたがそれも一興♪なかなか良いアングルそしてタイミングで写真は撮れないもんですね…写真を撮る事に集中すると相撲が見れないし、相撲に集中してると写真が撮れないし…

二兎を追う者は一兎をも得ずです(笑)

2019/05/28

あと5分で起きると強く思う気持ちとは裏腹に、平日の朝は体感2分で5分過ぎる説

img_0056.jpg

img_0057.jpg

img_0058.jpg

無事、帰国して昨日より通常業務に戻っております。どうも、No.22です。

連日続きました私のブログ更新の締めに、展示会の感想をまとめておきたいと思います。

金具といえどジャンルは広いですが、全般的に新しい技術革新というものは起きておらず、

マイナーアップデートが中心の展示会であるという印象でした。

何がどう新しくなったのかを1点ずつみていく中で、スリム化という部分は

すべてのジャンルにおいて共通だといえます。

また、金具の取り付けもより容易に作業ができるよう変更もされていました。

そして、全体像を俯瞰すると、金具を使う相手が木製品である比率が徐々に減り、

ガラスや石材などのバリエーションが増えています。

今後、既成概念にとらわれず、柔軟な発想で設計される家具・建具の要望が

どんどん増えてくるでしょう。金具もそれに向けて現在進化をしている真っ最中、

というところでしょうか。

今が停滞なのであれば、あと数年で何か驚くような技術革新がきっとくると感じています。

どちらかというと新しい物好きの私、私個人の目線であったらいいなの例をあげると、

一般的な床置きの収納棚を、棚柱のようなもので壁面に固定、普段は部屋を広く

見せるために低く床置き、ロボット掃除機を稼働するとき30cm上に浮遊しているように

浮かすことができる金具です。もちろん持ち上げるのに全然力は必要なく、

降ろすときもガタっということがなくスマートに動くのが望ましいです。

当然ですが、持ち上げたとき、下げたときに金具は見えません。

浮遊感を強調するLEDを下側に埋め込んでデザインとして使うのもありですね。

その場合は来客時に持ち上げて雰囲気を出し、普段は耐震のために床置き、

といった私とは逆の使い方になりますかね。

要は壁付けの縦方向のスライドレールです。残念ながら私の要望を満たす金具は、

今回の展示会にはありませんでした。が、こういった「有りそうで無かった」こそが

金具のミソだと思います。展示会は終わってしまいましたが、

今後も新しい金具にアンテナを張り、お客さまには広く情報をご提供していきたいなと思います。